未分類

売った焼き菓子がグラノーラで良かった理由②【常温】

f:id:rororororo:20171120230951j:plain
グラノーラを売っていた言われたのが、「常温でいいね」ということです。

ぼくたちの商品は、自分たちで売らず、卸販売をメインとしています。

しかも北海道からの販売です。

チョコの誘惑

最初に作った商品は、「アップルシナモングラノーラ」と「ミルクティグラノーラ」でした。

覚えているのは、開発中「ミルクティ味」の方にチョコをいれることを検討していました。

ぼくは、断然チョコ入りが良いと思っていました

だって、美味しいから。アップルシナモン味は地元のフルーツを使ったフルーツの美味しさが売りでしたが、ミルクティ味は地元の特色はなく、お菓子的な美味しさで売ろうと思っていました。

なので、チョコを入れるのがいいと思ったのです。

しかし、それはメンバーによって止められました。

理由は「配送が大変だから。(溶けるから)」

当時は、「うーん、大丈夫だと思うけどなー、チョコ入れたバージョンのほうがおいしかったな〜」と思っていましたが、2016年チョコ入りのグラノーラを作ってみて、とても苦労しました。

チョコは溶けます。

田舎ですから車で、取引先に納品にいきます。車で20km隣町です。

その間にチョコは溶けます。袋にチョコがへばりついて、味には問題はないけれど売るにはかっこ悪い…

これにはこの夏とても困りました。

まとめ:常温が良いよ

ぼくたちは、北海道ということ送料的にとても不利です。

不利な状況なので、それ以上大変なことを増やさなくてよかったなと思います。

クール便は送料が高いし、管理に気を使う(イベント時も大変でしょう)

グラノーラは直射日光を避ければ、常温で大丈夫なので販売のしやすさも助けられました。

常温じゃなかったら、こんな素人でも販売はできなかったと思います

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です